illegal function call in 1980s

1980年代のスポーツノンフィクションについてやさぐれる文章を書きはじめました。最近の関心は猫のはなちゃんとくるみちゃんです。

業務連絡

業務連絡です >> 黄金頭さん。 nekohanahime on Twitter: "バレンタイン用にSKI QUEEN発送しました。1/25着予定です。 @goldhead https://t.co/ORNR2Fs7WR 理論上存在し得ないので巧妙な詐欺かもしれませんwww" https://dailyportalz.jp/kiji/osumeshi08_02 …

朝日新聞の愛のない口語訳に驚きあきれてかわいそうを通り越す

追々記(1/23, 16:55): ちょっと自分でも気になる箇所があったので末尾に試訳Dを足しました。そちらにお進みください。 * 朝日新聞の愛のない口語訳に驚きあきれてかわいそうを通り越す話です。 www.asahi.com 大したことのない歌です。でもね、こういうのが…

押し引きの話

辞書を引く。これよくわからないです。本棚に辞書がある。手をかける。引く。手に辞書が残る。でっていう。 そうじゃないですよね。字引きといういいかたがあって、こちらがおそらく古いでしょう。字を辞書で引く。「で」です。これ、格助詞「を」の興味深い…

このあとケアが必須のこと

禁欲していらっしゃいますので私が勇み足気味に腑分けをします。 問題は、河野 氏が騒いだことによってスケジュールがさらに遅れることはあっても前倒しされることはなさそうなことだなぁ。 / “河野太郎 on Twitter: "うあー、NHK、勝手にワクチン接種のスケ…

みーちゃんと春を待ち望む

今日辺りは、まだ少し早いけれど、船橋は大寒から節分への移り変わりの近いことを思わせる陽気でした。 春は待ち望むものなので、訪れはだれでも気づきます。対して、秋は、あまり望まれない。収穫の秋は待ち遠しい。けれどそれ以外の秋は大方、切ないものと…

おそらく開催なしに舵を切った

おそらく開催なしに舵を切ったメッセージです。 mainichi.jp 「勝った証」ということは勝たなければ証になりません。当たり前の話で、これまでもこのロジックは生きていたけれど、ずるずると今日に至った経緯が集団催眠を補強していた。 風向きが変わったこ…

おれのくーくーちゃん

おれのくーくーちゃんは毎夜2時半や4時半におれの寝ているベッドの近くにやってきて「ふにゃあ」と鳴く。 初め、それは「お腹が空いたよ」の合図と思っていた。 けれどご飯を出しても食べる気配を見せることが少ない。たいていはパトロールをしてそのまま「…

2/20やっぱ行くわ

これ書いて。 いつもの春一番の話 #病室にWiFiを - illegal function call in 1980s 2/20やっぱ行くわ。京都。よよん君、喜んで、日記に書いてくれたと思うからね。 まだ迷ってるけど。

いつもの春一番の話 #病室にWiFiを

毎年恒例いつもの春一番の話です。 ton.5ch.net 1 ハッシュタグ「#病室にWiFiを」をたまたま目にしまして、思い出したフレーズがあるので引用します。 ことQOL(Quality of Life)に関して入院中のよよん君の最大のテーマは、食事、一時帰宅、それから病棟での…

センター試験の思い出

今週のお題「大人になったなと感じるとき」 91年1月のセンター試験は雪でした。自宅から宇都宮大学の工学部まで母に車を出してもらいました。熱が38度少々あり、僕は小さいころから勝負事には熱を出すタイプだったので勝利を確信しました。もちろんうそです…

おれのみーちゃん

みーちゃんが、すごい(暇さえあえば)構って、遊んでほしがっていて、もうべったり。PCデスクに向かっているときはキーボードの手前で身をすくめ、足元に香箱を組んで、ときおり足を爪でちょいちょいする。 喉をごろごろ鳴らしてくれる。「遊んでほしい」の尻…

意味のわからない日本語「お帰りなさい」

帰宅した人(主に家人)に「お帰りなさい」。これ「(ようこそ)お帰りなさい(ました)」などと説明されることもありますが、いずれにせよ意味がわからない。帰って来たばかりの人に輪をかけて「帰れ」って。 「ただいま(帰りました)」(いま帰ってきた!…

おれのくーちゃん

この数日はこの冬一番の冷え込みを感じる。 くーちゃんがこのところ、「ほかほかのわな」よりも、畳んで無造作に置いてある掛け布団の上から沈み込んで寝るのを好んでいる。 エアコンの暖気の通り道というのはある。もともと、どんなねこちゃんでもそうだと…

妹に聞かせたい噺家

妹(いろいろと省略)に聞かせたい噺家をちょっと考えて――というのは「落語は見聞きしておいたほうがいいのでしょうか」と尋ねられて――、現役の色物はこれはもう決まっていて、マギー司郎と紙切の正楽さん。音曲の小菊師匠。 噺のほうでは――思わず、ことばに…

規則正しいくーちゃん

くーちゃんはとても規則正しい生活のリズムを刻んでいて、朝4時と夕方4時に「にゃーん」と鳴きかけてきます。 ご飯を出します。でもすぐには食べません。僕がロフトのベッドから起きて下に降りてきて、くーちゃんをケアするかどうか確かめているのだと思いま…

向田邦子 宇都宮時代の2軒めの家があった辺り

向田邦子(1929-1981)が、宇都宮時代に暮らした2軒めの家があった辺りです。ちゃんと特定している愛好家の方がいらしてびっくりしました。 www.tokyo-kurenaidan.com 宇都宮で生まれ育ち、国語を習っていても、案外、向田邦子が宇都宮に縁のあったことを知ら…

他人(ひと)の行動は変わらない

他人(ひと)の行動は変わらない。変えるのはいちばん難しい。 まさか日本の選ばれた政治家がそのことを知らずに政治を行っているとは――多少は思っていましたけれど、まさかここまでとは――驚きと、まさしく「遺憾の意」であります。 www3.nhk.or.jp 彼――菅義偉…

1月7日初詣(とは呼べない短時間滞在)の記録と記憶

1月7日初詣(とは呼べない短時間滞在)を行いました。船橋大神宮。僕の済む船橋市海神というところから近い氏神様は2軒あります。 1軒が龍(りゅう)神社: ⛩龍神社|千葉県船橋市 - 八百万の神 おそらく昔の海岸線か津波線です。 もう1軒が船橋大神宮(意富比=お…

拾い食いの喜びの話

また「坊っちゃん」的な入りになって恐縮ですが(梨本勝風に)――僕の生まれ家は玄関から門塀まで歩きで80mくらいあるんですね。門に囲われたところで1,200坪あった。 これは戦後にじいさんが中島飛行場の跡地の払い下げを受けるときにうまいこと組合長の立場を…

居眠りと肩こりの話

最近、五十肩です。肩が凝ってしゃあない、というほどではないにせよ、あれ、というタイミングで凝りを自覚します。今日はキッチンに立って(手抜き)蒸し野菜ソース焼きそばの下ごしらえに、残り物の白菜と常備の玉ねぎ、しめじに包丁を当てていたとき。 * …

方違(たが)え不可避か

最近、時事放談、時事寸言ブログみたいになっていますけれど、 mainichi.jp ところが、この発表から9日後の定例記者会見で、林氏が「一生に一度のことで、やるべきだという判断に至った」と会場に集まる形式に戻す意向を表明。林氏は、方針を変えた理由とし…

二階俊博のアレについてちょっとだけ腑分けをします

二階俊博のアレについてちょっとだけ腑分けをします。 二階氏、五輪「開催しないお考え聞いてみたいぐらいだ」 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル 面(つらぁ)見るのもむかつくのでテキストリンクのみにします。論旨は4点です。 これは空文である。話…

「悪事を働く」と同様の特徴を備えた動詞はあるか

「悪事を働く」なんですが、大変に興味深い形態をとっています。 www.gw2.biz 目的格(ヲ格)をとっているので「働く」は他動詞的に機能しています(自動詞的に機能する場合は例えば「彼はよく頭ガ働く」=主格/ガ格)。一方で、「働く」には「働かす」「働か…

台所はもうちょっと多様だった気がします

台所はもうちょっと多様だった(内包していた)気がします。めんどくさいのでリンクは貼りません。 南向きの玄関を上がってどんつき(北関東ではいわないけどさ)を左に折れて廊下の右手、ガラスの引き戸を開けたところが食卓で、その続きの奥がお勝手、台所…

旬にも空き席があるざんしょ

たぶん旬にも空き席があって、もともとだれかが座っていたところに割り込もうとしたら、理由付けやら力任せやら、不自然な何かが生じて、動―反動という意味での反動が起きるのはこれは必然というべきなんざんしょう。 そもそも、季節は向こうから訪れる。繊…

おれのはなちゃん

おれのはなちゃんが12月30日で推定満7歳を迎えた。 おれのはなちゃんがおれのはなちゃんになるまでのいきさつのころから、ホマレ姉さん(id:homare-temujin)はご覧になっていたことと思う。その、はなちゃんが早(はや)7歳。 相変わらずのシャーシャーさんで…

大仏建立その前に

twitterで妹が大変興味深い憤りのコメントをしていたのでメロスは欣喜雀躍して服を脱ぐ。そしてみなさんに語りかける。王はもはや視野にない。 妹がいうには、 神社でクラスターになったらどうするのかという話で見かけて死ぬほどブチギレたので言わせていた…

初詣はいつでもいいものです

初詣はいつでもいいものです。 www.watto.nagoya Wikipediaにもあるように元々は年籠りです。講みたいなものですね。 初詣 - Wikipedia これも出典に当たらずにWikipediaの平山昇さんの説そのままの手抜きですが、初詣が明治の鉄道網敷設から広まったという…

初夢の話(謹賀新年)

どこかの寺に足を並べて向かう坂道の途中で住職が、 「今年の一字を出したはいいが実はいまでも思い悩んでいます」 と仰る。暖かい曇りの空だった。 顔はよく見えない。比叡山坂本の紫陽花が見えたような気もした。 なぜ自分なんだろうと思いながら相談に乗…

おれのくーちゃん

おれのくーちゃん🐈🐾💕 目やにをとってさしあげた🐈🐾💕