読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

illegal function call in 1980s

1980年代のスポーツノンフィクションについてやさぐれる文章を書きはじめました。最近の関心は猫のはなちゃんとくるみちゃんです。

糠漬けログ day #0004 小松菜とはなちゃん

引き続き、まだ捨て漬けです。

緑を増やそうと思って、小松菜を漬けました。漬け時間24時間。

  • 色は、鮮やかによく出ています。
  • 手触りは、小さいころに食べた白菜に似ている。
  • 匂いは、ほとんど糠のにおいがしない。
  • 歯ごたえは、適度にしゃきしゃき。
  • しかし、肝心の味がピンぼけしている感じ。糠の風味も、塩も、いまいち効いていない。この辺が、奥の深いところかもしれないですね。

f:id:cj3029412:20170208211704j:plain

まあもう少し、気長に熟成を待ってみます。

別段の味対策というわけでなく、損にはならないだろうということで、干ししいたけを追加混ぜ込みしました。それから、糠と塩を9:1の割合で少々。

さらに、機は熟しつつある。きゅうりと、なすを投入。大本命の白菜がその先に控えております。

f:id:cj3029412:20170208220504j:plain

川崎貴子さんが、おふたりの娘さんを眺めながら酒を飲む「娘酒」が至福と記していらっしゃいましたが、僕には「猫漬物」が夜の最高のひとときです。特に、これまでの中では大根がよくマイルドに漬かったかな。

はなちゃんと大根。

なんだか、とてもすばらしい気がする。