読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

illegal function call in 1980s

1980年代のスポーツノンフィクションについてやさぐれる文章を書きはじめました。最近の関心は猫のはなちゃんとくるみちゃんです。

くるみちゃんかぜなおる はな姫あごのせる 下僕はみそをもうひと樽

7/11 8:45

くるみちゃんを病院へ。ねこかぜがだいぶよくなったとのこと。もう1週間、抗生物質と点眼を行って来週チェック。今日はねこかぜが治りつつあるのとかぜにも効果があるのでとのことで3種のワクチンを打ってもらう。

お出かけ前

f:id:cj3029412:20150711203646j:plain

かごの中

f:id:cj3029412:20150711203633j:plain

帰りにイオンで買い物。店員さんと子供に「かわいい。かわいい」と声をかけられ満足。駅のホームでも声をかけられたので、くるみちゃんに外の空気を吸わせてあげるのとあわせて、小学校低学年くらいの男の子に額と鼻筋を撫でてもらう。

はなちゃん

f:id:cj3029412:20150711203840j:plain

12:00

帰宅。くるみちゃんを1時間ほど休ませる。

13:00

はなちゃんがくるみちゃんを窓辺に受け入れてくれた(!)。なんだけど、はなちゃん本人は窓辺の隅に引いてくるみちゃんが真ん中でのびのび日向ぼっこ。その様子を遠巻きに観察するはなちゃん。やさしい。はなちゃんの負担にならないように、くるみちゃんには外界に降りてきてもらう。

20:00

みそを仕込む。ここから逆算して昨日から大豆を水に漬け、圧力鍋にかけておいた。すりつぶし工程は邪道なのだけれどフードプロセッサーの力を借りる。漬物樽に投げ入れ、塩と麹を投入してまぜ、空気を押し出す。ペースト状の大豆はそのままでおいしすぎる。こんなに安くて楽しくておいしいレシピはもっとブームになっていいと思うのだけれど。「味噌仕込み談志」下僕の変換履歴はやられている。「味わい深い『みそ男子』がいまひそかなブーム」とか、来ないですかね。来ませんね。

明日はお嬢がはなちゃんとくるみちゃんを撫でにきてくれる日。グラタン皿を軽く手入れ。

www.homarecipe.com

ホマレ姉さんが納豆文化圏にはなじみがないとの由。7/10の納豆の日には間に合わなかったけれど、大豆つながりで、明日は何か気の利いたことを書いてみたい(わが実家は納豆王国に隣接していたりする)。