illegal function call in 1980s

1980年代のスポーツノンフィクションについてやさぐれる文章を書きはじめました。最近の関心は猫のはなちゃんとくるみちゃんです。

高須克弥の病名と病状を透け透けする「点と線」第61回

こんにちは。高須克弥が奥歯に青酸カリを万一にも仕込んでおいたらとか、高須に喋られた困る筋の血気にはやった若い衆がお小遣いをもらって自家用飛行機やダンプトラックで日進に突っ込み、その様子をライブ配信したりしたらとか、朝、起きてこなかったら――などと一瞬でも心配した僕が馬鹿を見ました。「点と線」第61回です。

 

 

https://twitter.com/katsuyatakasu/status/1399576807376973825

f:id:cj3029412:20210601171057p:plain

透け透けアソパソパソ

下の紙に印刷された文字が見えます。上部に担当医(?)と大学院生名が見えますがそこを掘るのは意味がなく、「□保険適用外」「□適用外使用」の右および下に見える文字列には目を凝らしてみる価値がありそうです。

これくらいでいいでしょうか。がんであることは確かでしょう。一方で「非浸潤性膀胱がん」で検索すると(ステージにもよりますが)比較的おとなしめの病状や進行をたどりそうなものであることが素人目にも読み取れます。

ステージⅠの筋層非浸潤性膀胱がん リスク分類に応じた再発防止目的での治療選択 – がんプラス

投与薬剤も一通り調べて理解に努めてみました。専門外ですので詳しい話はパス(僕自身の家族の介護でも業務でも多少はかじってきています)。

主治医から治療法のインフォームドコンセント。 保険適用の末期癌患者に点滴することを許された承認薬を直接癌に注入する治療だから最後の項目になるな。 僕の癌が消滅したら癌治療に新しい道が開ける。ダメ元。 ワクワクなう。

心の汚れた僕は上記リンク先、西山先生の「図2 膀胱がんの治療アルゴリズム」から、ステージ1の抗癌剤膀注ではないかと思いました。

病名Xで今回の経緯はロジカルには成り立つ

dk4130523.hatenablog.com

f:id:cj3029412:20210601172415p:plain

がんでなくていいです。がんであってもいいです。水虫でいい。河村さんのこの辺りの経緯を持ち出す際のフレーズも「がん」「ご体調」「お身体のことが」と揺れています。田中さんも似た感じです。高須はステージ3や4の設定を自分でも忘れたのではないかという声がSNSでは聞かれます。

筆数も水増し、病名も水増し、人数もホラッチョ

ホラッチョ医師の大冒険「点と線」第57回 - illegal function call in 1980s

もういまさらだと思いますので少し前の記事1本くらいで。

ネットでやむに已まれず病名を告白するということ

医者ってさ・・・

11 :卵の名無しさん:02/02/20 17:28 id:UHnazQly
ネタならどんなにいいか。ネタであってほしいぞ。

病名 ALL 急性リンパ系白血病成人
発病率10万人に1人だ。
骨髄移植をして5年生存率がもっともよくて60%かな。

どう?ちなみに移植したが再発した。
ただただ病院のベッドの上で生きてるだけって状態でもある。

よよん君です。この「医者ってさ」「無菌の国のナディア」に不意に登場し、2ちゃんねるの医療板でよよん君を7か月半にわたって献身的に支えた血液グループ先生は、取材してお話を伺った限り、おそらく愛知日赤で(も)研修医を務められた方です。僕の知る限り、日本一の医師、セカンド・オピニオン医師です。

セカンド・オピニオン(船橋海神) - カクヨム

昭和大学病院に要塞を作って得意げにtweetし、1日伸ばしにしている高須克弥の、1日も早い逮捕を心から望みます。病状の1日も早い回復を祈る必要は、彼の場合、おそらくほとんど(控えめな表現)ありません。

 

f:id:cj3029412:20210416181325p:plain

 

公開後の追記

www.tokyo-np.co.jp

提訴の報道を受けて西尾の高須病院が取材などの矢面に立たされることを避けて東京に移った作戦でしょうか。地元にいるより離れた東京に。それがたとえ警視庁の近くであっても、と(品川か江東かはさすがにわからんです。まあ品川旗の台のほうかな)。なお別報道で、訴えを起こした男性はボランティア、2021/3/16付けともありました。追)その後、請求代表者の富田喜代治さんであることがほぼ確定しました。

 

2021/6/1
船橋海神🏯🐟🚲🍀☕🐈💕