illegal function call in 1980s

1980年代のスポーツノンフィクションについてやさぐれる文章を書きはじめました。最近の関心は猫のはなちゃんとくるみちゃんです。

量刑可能性と名簿の由来を考察する「点と線」第50回

おはようございます。「点と線」第50回ご報告です。

 

 

みなさんもそうだと思いますがもはや僕の中では量刑段階です。量刑のことはずっと頭にあって、というのは1965年の埼玉県本庄市長リコール事件で提出数の77.8%が不正署名、主犯格4人が逮捕、うち少なくとも1人が実刑というリファレンスがあり、数量規模が今回の愛知の1/39です(今回の愛知100万人の会が多すぎる)。推定無罪とか疑わしきは罰せずの精神を十分に持ちつつ、やっぱり当事者のみなさんは気になると思うんですね。そんな、親切心もあります(にこにこ)。

量刑可能性

f:id:cj3029412:20210516050943p:plain

 

  • 「署名作成に手を染めたら逮捕または書類送検以上」
  • 「署名作成に手を染めたら罰金刑以上」
  • 今回の愛知の件は埼玉県本庄市の件と不正署名率が近く、押収・捜索先の種類も近く、不正署名の量が39倍(!)(=推341,707/8,738)、ということは逮捕者も実刑も十分に出ると見てよさそう

河村たかしさんのことだから調べている(頭に入れている)と思うんですけど。

名簿の由来

話は変わって名簿の由来です。2010年11年当時の記事を見返しました。

名古屋市河村たかし市長が主導して昨年夏に実施されたリコール(議会の解散請求)運動で集まった署名簿が電子データとして保管され、外部に流出した疑いがあることが11日、分かった。一部は、3月の出直し市議選で市長側の地域政党減税日本」から出馬した候補者らが選挙で利用したとされる。

(略)署名集めに携わった減税日本の関係者が明らかにした。この関係者によると、リコール成立に伴う出直し市議選当時、減税日本の候補からデータを渡された。氏名や住所などが記載され、数万人分あった。この候補は「データは選挙運動に使っている」と話したといい、その後当選した。

(略)署名集めは昨年8月末~9月末に実施され、河村市長の支援団体「ネットワーク河村市長」のメンバーら数万人が計約46万人分を集めた。

河村さんご自身が繰り返し説明なさっているようにこれ自体は違法性がないということでよろしいかと思います。この違法性のない名簿が今回の愛知の件で使われた(核となった)と考えると話の通りが非常によくなります。

f:id:cj3029412:20210516051932p:plain

減税日本由来の2010年当時の名簿があり、フォントが細かくてすみません。中央の薄いベージュ色のところ43.6万筆(亡くなった方が推定2.0人万、転居者が推定41.6万人)=西尾市など名古屋市外も含む「古い名簿」が衆議院議員時代の河村事務所由来のものと仮にすると、愛知+佐賀86.6万筆に対して、下の計算が成り立ちます。

f:id:cj3029412:20210516052731p:plain


端数はあまりお気になさらないでください。繰り返しになりますが(1)「減税日本由来」がまずあって、(2)他に何かないかということで「河村事務所由来」の古いものが場に出されて(いずれも違法性はない)、(3)足りない分を東京の業者から購入した。

この点に関しては「週刊金曜日」4/9で河村さんご自身が内部調査を踏まえて「20人以上のリコール運動事務局関係者」から聞き取りを行いその中で「東京の業者から愛知県の選挙人名簿を入手し、佐賀県で書き写したと聞いた」「1件10とか15円で売っている(といっておった)」とご発言なさっています。

名簿の貸出し理由も佐賀関係なしでいけます。河村さんは9/24前の段階で田中孝博さんに愛知県下全戸配布(はがきまたはポスティング)を勧めていらっしゃった。田中さんから指導と協力を求められたら秘書さんや陣営の方から数日後に名簿が届いて不思議はありません。3.4万+件の受任者名簿と同じロジックです。

注記: 僕の表の試算では(2)が36.9万件ですが、少なくてもいいです。購入分が増えるだけ。でも減税日本の総本山だし、10年もあればOCRにかけるなり手打ちメンテするなり、デジタル(Excelやテキスト)化する時間は十分にあるし。

話を戻して、これ(数万から十数万件の名簿購入)なら財政難の事務局にあってリーズナブルな運用になります。1件12.5円で76万円。1件15円で91万円。また、ちょっと別の角度からの試算も行っており(非公開)、伝来の名簿の件数を少なく見積もったとき=購入分が増えた場合の上限250万円くらいと僕は見ています。これくらいならスポンサー筋も出すでしょう。クラウドファンディング収入が入るか入らないかの時期の話です。誰が出して、政治資金収支報告書との整合をどう取った形にしているのかにも興味は尽きません。

おまけ

補足として同じ「週刊金曜日」4/9で河村さんは、「普通、議員の事務所にある名簿に住所はズラっと並んでおらん」と、市長さんなのに議員のお話をなさっています。何のことですか、「議員」「議員の事務所にある名簿」って。河村さん、3/28に行われたこのインタビューで、何をイメージしてお話なさっていますか。まったく、頭の切れすぎる方です。その頭の切れと、「90万筆の不正署名の作成」という子供じみた、常軌を逸したおとぎ話が結びつく点に、今回の愛知100万人リコールの会の、読み手を掴んで離さない魅力があります。

 

2021/5/16
船橋海神🍀☕🐈💕