illegal function call in 1980s

1980年代のスポーツノンフィクションについてやさぐれる文章を書きはじめました。最近の関心は猫のはなちゃんとくるみちゃんです。

水野昇の「点と線」第43回 受任者Mの憂鬱(2)

「点と線」第43回、受任者Mの憂鬱(2)。かけることばが、ちょっとない感じです。まずは4/30本日20:00- ツイキャスの予習用資料として公開します。補足説明は追って――要点のみ行いました(5/1, 5:15am)。

 

 

f:id:cj3029412:20210430153413p:plain

www.tokai-tv.com

Q: 署名作成は愛知でも行われていた?

A: お直しは行われていたと見て自然です。2010年リコールのノウハウ(河村たかしさん)でも「多少(9-10万筆/45万筆)は仕方ない。よかれと思って(受任者の)おかあちゃん(ボランティアのおばちゃんの意)が家族や親戚の分を書いてしまうことがある」とお認めになっています。僕もこれは仕方のないことと思います。こうした同一署名を事務局が「抜き取る」「訂正をする」のは選挙管理委員会さんに迷惑をかけないための役割であって――2020年もそうであったと信じたかったのですが、このインタビューに応じた受任者さんの証言によって台無しになっている状況です。

Q: G社社長はKKRで漫才コンビ「高須と河村」に2-3万筆を手交していたはずだが図にない。

A: 本質的な役割でなく、また、G社社長さんブログから始末書(推定)により今回はお咎めなし(推定)、2/18-3/18までおとなしめの営業、その後に再開と見られるため図には記述しませんでした。かわいそうです。G社の所在地である鶴舞からKKRホテルまでは幹線道路で車10分(5-6km)。「御典医、ご入場を」電話を受けた高須克弥が、G社社長に電話をかけ、KKRに入ってくる、で十分に間に合います。手交した団体(自治体)は、1団体(自治体)で2-3万筆を満たすところが3つ。一宮、春日井、豊田。僕なら、五十音順で早い一宮を選びます。

Q: 受任者M氏は佐賀を知っていた?

須田慎一郎さんインタビューでは「知るわけがない」と一笑に付していましたが、知っていた可能性は否定できません。受任者M氏は「9月30日に自ら田中孝博に背を向けた」後に「高みの見物をしていた(わざわざ額に手でサンバイザーの型を行う演技つき)」「天網恢恢素にして漏らさずマン」です。内通などなくて気づきます。また内通でなくごく自然な関係者との人付き合いの中で「最近の署名の集まり具合どう?」「なんかそれが怪しくて」「怪しいとは?」「SG方面とかNKG方面とかいう人もおって」「ほう。また何かあったら教えてや」でOKです。

Q: 受任者M氏はどうすべきだった? 船橋海神さんは受任者M氏のことが嫌いなの?

まず、受任者M氏が自ら仰るように、請求代表者37人からの受任を受けたのが受任者なのであれば、その活動は受任権限の内容に制約されます。そこに署名の「抜き取り」「持ち帰り」「警察署への提出と告発」は含まれていないと見るのが当然です。次に、嫌いではありません。愛すべきキャラクターです。ただ、田中孝博黒幕説を唱える受任者M氏は好きとはいえません。そのこととも関わりますが、受任者M氏は、ナンバリングを行っていた請求代表者Iさん(伊藤幸男さんと思われる)が請求代表者なのですから、受任者として同一署名の対応を淡々と依頼して、夜も遅い(11:30過ぎ)ですから、帰宅して寝る、でよかったはずです。なぜそうしなかったのか不思議です。

 

f:id:cj3029412:20210430153433p:plain

Q: でも受任者M氏が不正署名を発見したの偉くない?

A: 図をご覧ください。ご自身の瀬戸駅前ほかで署名集めを行っていた手応えから1,000筆程度と見ていたところに、その5倍や10倍の筆が、ナンバリングの場所に届いていたら、誰だって「おかしい」「何かが混入している」と思います。受任者M氏は1983年に選挙関連の事務手伝い(=愛知県議会選挙立候補者事務局手伝、瀬戸市選挙区)から、政治や選挙方面のキャリアをスタートさせています。

http://mizuno1.jp/index-1.htm

田中孝博さんよりも、事務に関して、よほど長い経験と勘所をお持ちでいらっしゃる。その彼にしたらキャリアの中で無効署名は幾多ご覧になってきたでしょう。瞬殺だと思います。それにそもそも、素人だって、例えばAmazonで本を1冊注文して8冊届いたらおかしいと瞬時に思いますね。それと同じことです。「天網恢恢素にして漏らさず」ではない。そういうときに用いることばではない。

加えて、受任者M氏は佐賀を知らないわけですから、抜き取った署名簿を警察に届け出たのはまずかった。佐賀を知らない、佐賀などありえないわけですから、「署名偽造」を行ったのは愛知(古出来、知多、県内何々ルート)のメンバーとなってしまいます。田中孝博さんは指示と自ら一部の作成を行ったでしょう。でも、田中さんだけでは作り切れない。愛知(同)の受任者さんやボランティアさんを、筆跡や拇印といった物的証拠を添えて、受任者M氏は警察に突き出したも同然です。その責任は免れない。もちろん田中孝博がわるいのは確かです。だから、受任者権限内のベスト・アプローチとして、伊藤幸男さんを通じて淡々とリコールの会のほうに対応を委ねるだけでよかった。

f:id:cj3029412:20210501202053p:plain

 

Q: 全体絵の中に収めるとどのような話になりますか?

A: 維新方面のお粗末についてはいまさら細かく述べません。1点あるとすれば愛知維新の山下幹事長(幹雄さん)の苦慮をご覧ください。大阪執行部は「田中孝博の個人関与」を是、党意としているにも関わらず、地元の愛知では持ちこたえきれずに、党意に反するすれすれのところで山下さんは「維新主導と見られても不思議ではない」(3/29)と仰っています。この山下幹雄さんと受任者Mさんは平成15年前後に尾張旭で市議会の議席を争って相戦った仲です。仲がよくない、敵対していると申しているのではありません。同期、昔なじみの意識は互いにあったでしょう。選挙や政治家とはそのようなものです。

その山下妥協発言が出た後も(田中孝博黒幕説がどうやら通じないと見るや)、受任者M氏は今度はUさんに説明責任を求めたり、3/30版の政治資金収支報告書の監査報告を求める動きをとったりしている。愛知維新は苦り切っているのではないでしょうか。

大阪執行部の意を忖度した山下幹雄さんが尾張旭つながりで受任者M氏に田中孝博黒幕説を流させた説も成り立たないではないですが、受任者M氏の田中さんへの愛憎はそれとは違ったレイヤで働いているように僕には感じられます。

何にせよ受任者M氏のような方の動きは一般に「正義の暴走」「扇動者」と呼ばれて仕方のないものです。黒幕ではない。黒幕の器では到底ありません。

Q: 最後に、今後の注目ポイントは?

A: 再びメディア取材(今回は東海テレビニュースさん)をお受けになった受任者さんの今後が気になります。「消される」とは申しませんが危うい。しゃべるなら、愛知県警さんに向かわれるのが賢明と思います。これは河村さん、高須、田中孝博さん、山ちゃん(山田豪さん)、そして受任者M氏についても同様です。

それと、山ちゃんを嵌めた野郎がいたとしたらおれは終生、許さないからね。山ちゃんはただ与えられたミッションを粛々と熱心に行っただけ。11/5に受任者M氏を――ナンバリング場から――締め出したのは高須克弥の指示と見て間違いなく、そのように、上意下達の体育会系的な動きをとっただけです。佐賀も2/4の会見も(あれはこわかった。あれはよくなかったよ山ちゃん)。実質的には「白紙の署名簿を車に積み込み」「佐賀で怖い顔をして」「高須との信頼関係演出tw用写真に収まり」「街頭に立って」「田中孝博さんの指示に従って署名をお直し(ナンバリング含む)」したくらいです。

それらすべてを相対化する美徳が今回の山ちゃんにはある。「ルーキーズを守った」です。僕は生涯をかけて山ちゃんを支援していいとすら考えています。

 

f:id:cj3029412:20210501052056p:plain

 

2021/4/30, 15:30
船橋海神🐈💕