illegal function call in 1980s

1980年代のスポーツノンフィクションについてやさぐれる文章を書きはじめました。最近の関心は猫のはなちゃんとくるみちゃんです。

特別寄稿―田中孝博さんの「点と線」 / 4/21会見(後半38分過ぎから)の発言箇条書き集積地

続きです。後半38分過ぎからは記者との質疑応答です。

dk4130523.hatenablog.com

www.youtube.com

  • 1.【田中孝博さん自身の不正署名との関わり】(Q)田中さんは不正署名に関わったことを認めている?(A)お答えできない。責任はすべて法の場で弁護士と共に訴える。(Q)不正署名は提出段階でどれくらいわかってたの?(A)受任者7万人×5筆=本来目安35万筆。64団体個々に最初からナンバリングしていれ目安は得られていたはず(だが…)。64団体を一斉に(事務局で管理していた)10日間で開票かというと、精査作業が始まったので(支離滅裂意味不明)、うーん、数でどれくらい(提出段階で不正、もとい無効署名と思われるものがあったかは)、うーん、ですから2010年の例を借りれば(43万のうち)10-12万くらいは出ているだろうという憶測は、うーん…提出前のチェックをしていないものですから憶測でしか(いえません)

田中さんは「(意図的)不正署名への関与は認めない。結果的無効署名への関与は認める(むしろ忖度なしにそのまま全数を選管さんに提出した)。提出時に不正署名がどれくらいあったかはわからない。無効署名もわからない」と述べています。

 

  • 2.【河村市長から受けたリコールの指導について】(Q)河村市長からリコールに関してどのような指導を受けていたの?(A)「河村市長から高須会長にリコールを実施するという決定がご両部(二人=河村さんと高須)で決定された後で」「(決定の)次には作業に入ります」「(それで)まず受任者が必要、集めなくてはと」「河村市長2010年は当初5,000人で開始。30日後に45,000人位集まった。その45,000人の受任者で40万人。愛知県の人を集めるならまず10名万人集めて」(船橋海神注: 10万人×40万÷4.5万=88.9万人。法定必要数を上回る)。これでスタートすれば今回のリコールは成立というアドバイスが(河村さんから)あった

リコール実施の決定は河村さんと高須克也。これはこれでよいと思います。「実施決定→作業組み立て→受任者集め10万人→2010年リコールと同じ掛け算なら88.9万人となって法定必要数(88.6万人)を上回りリコール成立」は、河村さんからのアドバイスに基づくものと田中さんは述べています。

 

  • 3.【続き―その10万人の受任者を愛知県から集めるにはどうすればいいか】2010年当時(河村市長)は葉書で(名古屋市内)全戸配布された。その戻り葉書で受任者(任命)をやったと。(2010年当時)加えて毎日はがきを増やして受任者を増やしていったと(河村市長から)聞いた。それで(河村市長から)「愛知県下350万全戸配布をやるには」ということをまず考えなさいと(指導をいただいた)。高須克弥twitterフォロワーが85万人+(愛知県だけでなく全国ではあるけれど)。そこから3-4万の受任者がすぐに集まった

受任者集めは「2010年リコール時に愛知県下350万戸全戸配布した」をモデルに2020年現在ならどうすればいいかを考えなさいと河村さんからアドバイスを受けて高須克也のtwitterフォロワー数85万人+を使うことを思いついたと田中さんは述べています。ただしこの85万人+には愛知県外のアカウントも当然含まれるのでその点は要注意。全国ベースで3-4万人の受注者がほどなく集まりました。

 

  • 4.【高須克也のtwitterフォロワー85万人+から受任者3-4万人がほどなく集まってからは】それをどう展開するか。(河村市長から)ネットで集まった3-4万の受任者のうち愛知がどれくらいかと(お尋ねがあって)。「ネットで集まった受任者3-4万のうち愛知分が1-2万です」と

全国ベース3-4万人の受注者のうち愛知県のフォロワーさんが1-2万人(船橋海神注―週刊金曜日さん4/13河村市長インタビューで「13,500人。後に実際には1,350人とわかったがネットはすごいと思った」云々と仰っているのがこの「1-2万人」)。田中さんは1-2万人と信じている様子。河村さんがなぜ1,350人と気づいた/知ったかも今後の解明の1つのポイントでしょう(船橋海神注)。

 

  • 5.【次がスケジューリング】そもそも100万人リコールの会事務局は河村市長が立ち上げた(という田中孝博さんの認識)。その6/中はコロナ当時は終息の時期でした。ほぼ暑くなっていた時期でもあった。リコール活動も2020年秋に移行しないと。なぜなら河村陣営も大変にご高齢の方(が多い)ですので秋に移そうとなり、また(一方で)高須(先生)はお身体のこともあるので(高須は)「早くやりたい」と。その中でリコールの日程を(河村さんや高須と)協議した

河村陣営もまた高齢化問題を抱えていました。高須克也「全身がん」説を田中さんは信じている(信じている振りをしている)ことが読み取れます。「秋に移したほうが無難」説に対し早期開催を主張したのが高須克也のようです。なぜ高須が早期開催に固執(強く主張)したかは現時点では不明です(船橋海神注。なぜなら僕は「全身がん」説を信じていないから)。

 

  • 6.【リコール活動が始まってからの河村市長とのやり取り】(Q)リコール期間中は河村市長とどんなやり取りを?(A)はい。河村市長から主に(1)クラウドFはいくら集まってきている? と(報連相)。また(2)受任者数はいまなんぼ? と。(3)「(受任者あて)発送作業は順調?」と。(4)「日々」「今後」の活動計画のこと。これら4項目を主だった点として田中さんから河村市長にお話(報連相)した

「集金」「受任者ベースの作業(特に発送)進捗」「日々の実施計画」「今後の活動計画」を田中さんが河村さんに報告する形で共有が行われていたことを示唆します。別の場で田中さんが6-11月に20回以上、河村さんとそのような場があったと仰っていたことと整合します。

 

  • 7.【署名の集まり具合に関しリコール活動中の河村市長からの確認は】(Q)署名の集まり具合、集まっていないのではという話は(河村市長からは)?(A)河村さんは署名ということばは用いません。用いるのは「受任者」です。河村市長(にあるの)は2010年の4.5万人の受任者ベースでの成功体験、実績だと思うんです

河村さんは受任者ベースの方。2010年の4.5万人受任者ベースの成功体験と実績を今回、愛知県下100万人にコンバージョンする役割を期待されたのが田中さんだったように読み取れます。この会見の前半で2010年のことに触れて「2010年解職請求時は40万筆の2/3を街頭で集めた」と聞いたとの田中さん発言もあります。単純換算で57万筆を愛知県下の街頭で集める必要になります。

 

  • 8.【今回2020年リコールで無効署名を無効のまま提出した理由は】(Q)2010年にも不正、もとい無効署名があったと河村市長から聞いたから2020年今回も無効のまま出したんですか? (A)僕(田中孝博)はリコールは当然初めてです。2010年にすべて出したと聞いたから出した

田中さんはリコール初心者です。その初心者の兵法として2010年の河村さんの成功体験と実績を―愛知県下100万人用にコンバージョンするのではなく―そのまま用いるのが基本的な―署名提出の―スタイルだったと読めます。

 

  • 9.【飲み会について】(Q)(飲み屋の)領収書はすべて河村市長同席ですか。2日連続で焼き肉屋に行ってますが。(A)はい。連日(河村市長と)焼肉屋に行っていた時期もありました

4/21記者会見で配布された資料を表にまとめた資料をTwitterAkira MORIさんからシェアいただきました。僕の分析は日を改めてまた。

Akira MORI on Twitter: "勝手に補完 田中事務局長が4月21日の記者会見の際提示したとされる領収書のコピー(数件✕3枚)の記載内容をまとめてみました 2次会の飲食費がない、 10月の分がない ように思いますがわからないです… "

 

  • 10.【記者さんからお叱り】(Q)田中さんさあ。ごちゃごちゃと「云った云わない」でなく事実ベースで明らかにしたらんかい。(A)捜査中なのでごめんちゃい

ノーコメントです。

 

  • 11.【4/21いまこのタイミングにこの記者会見を開いた理由は】(Q)何でいまこのタイミングで河村さんへのコメント出すの?というか自分の疑惑を晴らすのが先では?(A)ごめんね。顧問弁護士つけてるし許して

ノーコメントです。

 

  • 12.【不正署名と無効署名は別概念】(Q)2010年の解職請求ではどんな不正署名があったと聞いてる? (A)同一署名…「不正署名」と、ことばとしてはそうだったかと(間違ってたら河村さんごめんなさい―田中さん)

河村市長の解職請求ノウハウの生命線の1つが「意図的不正署名」と「結果的無効署名」の「間」であることは今回の事例をつぶさにご覧になっている方ならおわかりかと思います。田中さんはいまいちまだピンと来ていない感じです。

 

  • 13.焼肉屋について】(Q)焼き肉屋他は河村さんと田中さんの2人席?(A)河村さんは常に3人以上で話す方です。同席は河村事務所や事務所の人も同席(のこともあった)

3人以上での同席は河村さんに限らず一般的に「差し(2人)でのいったいわない」を回避するために身につけておくべき基本的なテクニックであると僕も社会人若手時代に習いました。

 

  • 14.【KKRナンバリング作業中に同一(筆跡)署名が見つかったとき】(Q)ナンバリング時に同一署名が見つかった際に河村さんに相談しなかったの?(A)ナンバリング最中には高須会長も河村市長も現場に来た。(高須も河村市長もナンバリング現場で)「見て(お)られた。署名もご覧になっていたはず」「その後(あの日=11/4はぶらさがりで)会見を」「そこで(視察時に)(田中も含め)同一署名を抜き差ししたことは一切ない」。ナンバリング時に誰かから(河村さんを含め)署名の内容や由来や質は一切尋ねられなかった。田中さん「(ナンバリング時にそれらを尋ねられなかったことは)逆に不思議です」。ナンバリングの河村市長同席は夕方。夜間には同一署名について質問が(ナンバリング作業者さんから)あった

ここは河村さんの現場での生命線です。河村さんは愛知県下いちの「結果的無効署名」と「意図的不正署名」の目利きでいらっしゃいます。中部地区代表。愛知県の無形重要文化財(比喩)です。嫌味ではないです。このときはお疲れで目が利かなかったのでしょう。かなり際どい勝負に僕には思えます。

 

30-40名が実際のところでしょう。ざっと計算しました。

 

  • 16.【2010年リコールの話の出たきっかけと当時の無効票10万筆についての会話】(Q)2010年リコールの話はいつどこでどんな話の中で河村市長から?無効署名「多数」(ある)って?(A)「署名を締め切ってから10日間(確認期間?)あるわな」という会話を(河村さんとの間で)した記憶はある。10/25署名締め切りなので10/20…うーん…10/20-25にそういう会話を(河村市長とした)記憶はあるんですよ。多数というのは2010年時は無効署名10万筆あったとは(河村市長から)聞いているので「多数」即ち10万筆だと思う(そう田中さんは解釈した)

2010年の名古屋市下40万筆に対する10万筆。であるとすれば今回2020年の愛知県下では86万筆に対し同じ比率で86*(10/40)=21.5万筆を(かもしれない)無効筆数となるところです。実際にはもっと多い36.2万筆の無効を出す結果となりました。この点はもう少し検討を加えます。

note.com

  • 17.【ドライバーさんや古出来のボラさんと田中さん】(Q)何故に田中さんは(取材を受けた)ドライバー氏(?)発言を虚偽というの?(A)自分は一切、彼に指示や話をしていないから。ドライバーさんに個別具体的に指示を出したのは田中さんではなく事務局員です。(Q)当時(活動中)ボラさんや皆さんに集まっていただいて田中さんが朝礼を行った?(A)今日はこの作業をやるんですよということはやっていない。(Q)11/初にドライバーさんが事務所に来ているか否かは田中さん確認したの?(A)(TVインタビューに応じた)ドライバーさんは11/初には復職していた(のは確か)。(でも)あくまでも(事務作業ではなく)ドライバー(力説)。それと運搬作業。事務局には奥と手前の部屋がある。奥は署名簿関連(船橋海神注―3/24に捜査が行われ鑑識対象となったと思われる部屋。写真も現地メディアが公開していた)。そのドライバーさんは奥の部屋に入れてもらっていないと思う。入れる入れないは事務局の女性の権限です

「田中事務局長―男性または女性の事務局員―ドライバーさん」という2020年11月初時点の指揮系統が存在したことを田中さんは示唆しています。僕は要審議と思います。また田中さんからの「朝礼の実施」は否定していません。彼が否定しているのはあくまでも「個別具体的な作業内容をボラさんたちに指示したこと」です。これもボラさんたちの証言や手元メモで真偽が明らかになることと思います。奥の部屋については以下ではないかと僕は考えています(個人研究―ただ、このレイアウトだとせいぜい4人作業にも思えます。作業時は詰めて6人分を作ったかな)(リンク切れです。Googleキャッシュから見つかります)。

f:id:cj3029412:20210423182730p:plain

https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/nagoyatv/region/nagoyatv-005780

  • 18.【署名簿のチェックとは具体的に】(Q)(署名簿の)チェック項目って何?具体的に何したの?(A)開封した。10人集めの署名があるとする。いろんなケース(例えば中区の1人/枚の署名、千種区の5人/枚の署名とか)がある。選管に確認した。選管さんは「そのまま提出してください」。この「そのまま出してください」のやり取りは(確かに)あった

開封した」。愛知分も佐賀分も田中さんは同じ「開封の儀」を行ったと見るのが自然ですが今後の報道を待ちたいと思います。

  • 19.選挙管理委員会に「すべて出す(提出する)」の意味を改めて】(Q)すべて出すとは改めて?(A)とにかくすべてです。一方であからさまに変なもの660kgは結果的に処分した。押印のない(だけ)の(もの)はそのまま(選管さんに)出してもらった。(自分からどうせよという)指示は出していないけれど。11/3-4に勝手な押印はなかったと自分は信じている

署名用紙の1枚あたり重量にもよりますがざっくり計算では1枚7筆として660kgは50万筆以上を処分したとなります(独自研究)。追って検討します。

  • 20.【直近の山田豪さんの発言について】(Q)最近の山田さんの発言は100%間違っているでいい?(A)違う部分はある。(Q)何で山田さんは事実と違う風のことをいったと思う?(A)山田さんは兄弟分の付き合い。G社との関わりで「G社社長は疑わしい」の発言は心外。「署名水増しも意味不明(心外)」「山田さんに聞いてよ…」

山田さんは兄弟分の付き合い」は嘘と思われます。いま(2021年4月現在)は「兄弟分の付き合い」「と田中さんは思っている」かもしれませんが。兄弟分なのに「山田さんに聞いてよ…」とパスする対応は僕の好みではないです。これも繊細な人間関係の綾の部分なので検討を重ねます。

  • 21.【記者さんからお叱り】(Q)不正署名に田中さんは一切かかわっていないでいい?やってないならやってないでいいんじゃないの?(A)捜査中なのでごめんね。僕は立場は被疑者だし。(Q)被疑者なのにうだうだいうのなんで?(A)僕には僕の立場で。(Q)(それなら)何で記者会見開いたの? 不正署名に関わっていないならそう発言したほうがよくない? -(A)配布資料がすべてです。うにゃうにゃ…(会見終了)

ノーコメントです。

f:id:cj3029412:20210417120555p:plain

f:id:cj3029412:20210416181325p:plain

 

2021/4/23夕
船橋海神🐾💕