illegal function call in 1980s

1980年代のスポーツノンフィクションについてやさぐれる文章を書きはじめました。最近の関心は猫のはなちゃんとくるみちゃんです。

河村たかしと高須克弥の「点と線」(33) / G社あり版とお手紙

おはようございます。「点と線」第33回ご報告。

この記事は何

第27回記事の「G社分」「佐賀方面への謝礼」「佐賀方面へのお詫び」「東京と愛知で購入した佐賀用の名簿」あり版です。河村たかしさんの4/6版「政治資金収支報告書」が下敷きです。これに「外」「裏」すなわち簿外処理を施したらどう見えるか。その色見の赤黒しかない数値PIVOTです。グラフはこの次の次の記事かな。何にせよ「G社」「佐賀」ほかの有無を疑ったり包み隠したりする段階はとうに過ぎました。二重帳簿も大前提です。僕は心が汚れているので5種類くらいの帳簿が事務局内に存在したと見ています。いずれ。

さて告示日を過ぎたこともあり前半ではポイントの列挙から。後段は河村たかしさんへのお手紙です。お読みいただくまでもありません。

高須克弥の「全身がん」に関して別のシナリオ(別の嘘をついた可能性)はある云々

高須克弥の「全身がん」に関して別のシナリオ(別の嘘をついた可能性)があるといったようなことを昨日の記事でほのめかしました。この点は今回の記事の対象外です。次の記事でのテーマになります。

f:id:cj3029412:20210413053659p:plain

  • すべての費目について「単価」「数量」「日付」を見ています(非公開)――少し前の記事でサービスして一部だけ公開しました

 

  • G社支払いは10/19、11月、12月です(12月分はもしくは1月。まあ12月。河村商事さんと同じようにG社さんも中小企業。庶民派の市長さんなら細かく気遣って当然のところです)

 

  • 佐賀への謝礼は東京から先生をお迎えした際にまず100万円、12月に300万円。300万円の内訳は当初謝礼が100万円。高須克弥が例の佐賀方面へのお願い打合せ写真を意気揚々とツイートしてしまい(おそらくお叱りを受けて後に削除)そのお詫びが200万円の加算です。これで高須克弥が12月中下旬にどうしても自ら進んでためいきをついて例の調子で頭をかきむしりながら1,200万円を入れてぴったりです
  • めちゃめちゃ安いです。ゼロのつけ忘れではないですか。失礼です。先生がお優しいからといって甘えないでください。埋め合わせはノウハウの共有でしょうか

 

  • 2021年1月末に7万円残りましたか
  • ゲーミングPCクラスの高額なパソコン5台相当はどうなさいました。売って小遣いですか。廃棄ですか。マニフェスト(廃棄証明書)相当のものはありますか。資産計上と管理台帳は
  • 街宣車走らせすぎです。60日毎日4台が名古屋ICから下道で9時間走って走った先で現地で時間740円くらいのコインパーキングに停めて1.5時間の街宣をして帰りに高速3時間で帰ってくる。それを人は街宣でなく日帰りロングドライブと呼びます。愛知県めちゃ広大ですね

 

  • 河村さんも被害者です。田中孝博(ここは呼び捨てにしてくれよう)の。その苦心の尻ぬぐいの1つが上表です。よくぞ4/6版であの費目レベルまで公開してくださいました。相当のお手間とご覚悟が必要だったことと存じます。本当にありがとうございます

 

  • ミニマム(最小)立ち上げ資金30万円で始められる可能性があります
  • クラウドファンディングの収入があるまで回転資金1,780万円が必要です。僕の図表の1,830には2021年1月度の支払いに当てた50万円が入っています。合わないようにも見えますが1,830-50=1,780でぴったり。Excelは嘘をつきません。政治資金収支報告書からすっかり抜け落ちちゃっていてどうするんだろうねこれ

 

  • こういったスキームもまた河村さんの(再)発明ですものね(小沢一郎さん? 鈴木宗男さん? から引き継いだもののアレンジでしょうか)。つくづくすごい方だ

 

  • ほかにも書きたいことがありますが今回はこのくらいで

唐突な愛の告白

さて僕は河村たかしさんや河村陣営を攻撃する意図は一切ありません。選挙妨害も名誉毀損もむしろ河村さんたちのことを少しおびえながらこれまで接して書いてきてしまったことを申し訳なく思うくらいです(わるいのは田中孝博さんの維新への色目です。彼にはまた彼の事情があったのでしょう)。しかしそのことは今回の本題ではありません。

河村たかしという男気

河村さんは今回の僕のように本気で真摯に手立てを尽くして立ち向かってくる相手には名誉毀損の訴えなどしない。はなから。さらさら。そんなことするはずのない方です。ほめごろしではありません。どうしてそのことに気付かなかったのか。河村さんの過去のご発言や著作をめくっていて「はっ」と思い当たりました。

一方で河村さんにもよくないところがある。やっぱり「嘘」はよくないんです。ただお気持ちは十分に理解します。大村秀章さんは理に走りすぎるところがあるよね。

名誉毀損になるで気を付けてちょうよ」はよくありません

それと「名誉毀損になるで気を付けてちょうよ」あれもよくありません。僕だって怯えました。まして減税日本の小童(こわっぱ)が使いどころも使い方もわきまえずに形だけを真似してふりかざしている。あれもまた河村さんの(再)発明の一種と思います。河村さんがお使いになるからきらりと光る。ほかの連中じゃだめです。

それはまるで坂口安吾「散る日本」のように

僕は河村さんに今回は得票で勝ってその上できれいな散り際を見せてほしい。河村さんは総理にならなくたっていいんです。ならないほうが(ここ点々打ってください)「ええ恰好しい」の貴方にはよく似合います。得票で負けたら貴方は「実績では勝っておるがよ」とまた小うるさくなるでしょう。リコールしますか。そうしたら僕また今回のように本気で立ち向かいます。河村さん相当にめんどうくさい方ですから。

小沢一郎さんのこと

そういえば小沢一郎さんのこと。あの小沢さんだって当然に総理になれる力量なのに力があり余ってしくじりました。ちなみに僕の生まれ育った栃木の渡辺美智雄さんは余命いくばくもなきを悟り小沢さんに唆されるままに踊らされ副総理として政治のそして実人生の生命を終えました。渡辺さんもまた栃木から総理を狙う東京商科出身のひとかどの人物でした。

選挙戦どうぞお身体に気を付けて

選挙戦どうぞご無事で。平野一夫さん(お膝に疲れがたまっていらっしゃいませんか)共々どうかお身体に気を付けて。横井利明さん今回の記事はごめんなさい。

f:id:cj3029412:20210413060344p:plain

いま現在でこんな感じの読みですか。僕ほんとはこういうのを河村さんや平野さんと議論したい。

そうそう「政治資金収支報告書」について

改めて「政治資金収支報告書」はもう何をどうやってもだめですね。いつかUSBメモリに入れて僕にだけ時系列データを下さいませんか。たとえば10年後に。2010年の名簿が2020年につながったように。僕のと交換しましょう。2030年に。どうか長生きなさってください。

そのうち今回の非礼のお詫びとご挨拶に伺います。うなぎをごちそうしてください。諸会費で。

 

今日も1日どうぞご無事で!🐎💕

 

2021年4月12日
船橋海神🐈💕