illegal function call in 1980s

1980年代のスポーツノンフィクションについてやさぐれる文章を書きはじめました。最近の関心は猫のはなちゃんとくるみちゃんです。

河村たかしと高須克弥の「点と線」(7) 2010年の「紙一重」成功体験と2020年の誤算

河村たかし高須克弥「点と線」第7回ご報告です。

 

表1: 2010年「名古屋市議会解散請求」の集計値

まず、表1をご覧ください。

内訳 筆数
提出数 2010 465,602
選管審査での有効判定数 2010 353,791
選管審査での無効判定数 2010 111,811
法定必要数に対する不足数 2010 12,004
法定必要数 2010 365,795

これは、2010年「名古屋市議会解散請求」の集計値を当方が公文書を中心とした各種の資料から集約したものです。

注意として、表の値は再審査前のものです。再審査の結果、12,492筆が無効から有効に転換して12,004筆の不足数が解消、最終的に名古屋市議会解散請求は成立しました。

 

表2: 2020年「大村秀章愛知県知事解職請求」の集計値(2021年2月23日現在)

続いて、表2をご覧ください。

内訳 筆数
提出数 2020 435,231
選管審査での有効判定数 2020 73,147
選管審査での無効判定数 2020 362,084
法定必要数に対する不足数 2020 793,439
法定必要数 2020 866,586

これは、2020年「大村秀章愛知県知事解職請求」の集計値(2021年2月23日現在)を当方が公文書を中心とした各種の資料から集約したものです。

 

表3: 表1と表2の横列比較

さらに、表3をご覧ください。

これは、上の表1と表2の値を比較しやすいよう横に並べたものです。単位は筆数です。

内訳 2010年 2020年
提出数 465,602 435,231
選管審査での有効判定数 353,791 73,147
選管審査での無効判定数 111,811 362,084
法定必要数に対する不足数 12,004 793,439
法定必要数 365,795 866,586

繰り返しになりますが、注意として、表の2010年の値は再審査前のものです。再審査の結果、12,492筆が無効から有効に転換して12,004筆の不足数が解消、最終的に名古屋市議会解散請求は成立しました。

 

ある部分では、類似した値(一般的には「規模感」などといわれるもの)であることに気づくかと思います。結果として、5項目のうち4項目は値が大きく異なるのですが、「提出数」は46.6万 vs 43.5万と、比較的類、似しています。

特に、2020年の「100万人リコールの会」活動開始前には、下表の状態でありました。

 

表4: 2020年の「100万人リコールの会」活動開始前の見え方

内訳 2010年 2020年
提出数 465,602 (435,231)
選管審査での有効判定数 353,791  
選管審査での無効判定数 111,811  
法定必要数に対する不足数 12,004  
法定必要数 365,795 866,586

 

表1と表2を模式図にして並べてみたものが、下の図1です。

図1: 2010年と2020年の集筆状況の対比模式図

f:id:cj3029412:20210224054652j:plain

 2010年にも、いろいろありました。

www.nikkei.com

この日経記事は、その一例です。しかし、いまはそのことには深入りしません。次回以降に、譲ります。ここでは、当方の仮説として、5点を指摘しておきます。

  1. 2020年の事務局には、大村知事リコールの法定必要数866,586に到底及ばないだろう目算は、相当に早い段階からあった。
  2. 一方で、2020年の事務局には、2010年の成功体験(集筆数と、その後の無効→有効転換と、リコール成立)から、「36万票」なら、何とかなるのではないかという希望的観測があった。36÷86.7≒41.5パーセントは、大村知事を牽制する民意としては、それなりに効果のある水準といえる。
  3. および、多少の無効筆はあるとしても、提出数43.5万は、43.5/86.7≒50.2パーセントとなり、大村知事リコールの法定必要数の半数を上回る。値に触れずに、ひとこと「健闘した」という事実を以てひとり歩きアピールすることもできる(と、2020年の事務局は考えた)。
  4. 高須克弥会長には、1.を伏せ(弱め)、2.と3.のみが共有(強調)して吹き込まれていた。おそらく、「100万人リコールの会」発足時期(2020年6月)から、不正署名のアルバイト発注が行われた2021年10月中旬まで。高須克弥会長はその中で、(いかにも遅れてきた愛国政治青年らしい)自己催眠に陥った。解けてきたのは、2月中旬以降と思われる。その端的な表れが「仲間割れ」のように見える不規則発言である。
  5. 上記1.から4.のグランドデザインが引ける人間は、(極めて)限られていると考えるのが妥当である(同時に、2010年の事務局メンバーの少なくとも2人は2020年に横滑りしていることに注目されたい。組織的「首謀」が不適切であれば、組織的設計といえる)。1.から4.の程度の読みがなくては、国政や県政での政局や選挙には到底、勝つことはできない。そうまでした目的は、クラウドファンディングの2,000万円あるいは4,000万円ほかにあった。

 

おまけ(今日の小ネタ)

関係者のご実家の1つに、古紙回収と産業廃棄のプロがいらっしゃいます。 高須克弥会長が想定している溶解発注先は、ひょっとしてこちらですか。

www.kawamurashoji.jp

 

2021年2月24日
船橋海神🐈💗