illegal function call in 1980s

1980年代のスポーツノンフィクションについてやさぐれる文章を書きはじめました。最近の関心は猫のはなちゃんとくるみちゃんです。

押し引きの話

辞書を引く。これよくわからないです。本棚に辞書がある。手をかける。引く。手に辞書が残る。でっていう。

そうじゃないですよね。字引きといういいかたがあって、こちらがおそらく古いでしょう。字を辞書で引く。「で」です。これ、格助詞「を」の興味深い用法で、目的格のように見せて役割は手段の「で」であって、本来の目的語(「字義を」)は別にあるというタイプ。まれにあります。

ただその用例をいま思い出せない。すみません。それでずっと半日ほどこの記事を書けずにいました。ただ、きっとある。

僕も自分の「秘密ノート」にそこまでは付けていなかった。見坊豪紀先生ならきっと付けていらっしゃったろうと思います。

*

それで、というわけではないですが、ちょっと別の話。「引く」。

《相手をつかんで、抵抗があっても、自分の手許へ直線的に近づける意》

大野晋ほか「岩波古語辞典」P.1104

すばらしいですね。すばらしい。これは物理の作用反作用の説明かというくらいに意を尽くしている。また、相撲の技の説明にもなっている。どうでもいい個人的な話ですが、自分が身を引くのは後からの用法なんですね。

*

で、引くの対(つい)は何かっちゅうと「押す」ですわ。

《面積あるいは量を持つものの、上面または側面に密着して力を加える意》

同P.221

すばらしい。引くときに密着は難しい。何かしらもうひとつの技を要します。

*

ちなみに、もうひとつ引いてみましょうか。「加(くは)ふ」。

《クハヘ(銜)と同根。添えて合わせる》

同P.422

銜とはハミのことです。馬が口にくわえるあれのことです。咥(くわ)えると銜(くわ)えるがここでつながる。ハミは喰むやね。

*

さらに行きます。「足す」。

《不足なものを加えておぎなう》

同P.799

岩波古語辞典には「足す」の用例も乏しくて、あんまり大した語彙でないことが自ずとわかります。大野晋先生の好みの語彙でなかった感じがします。

*

で、まあいいんです。大野先生のことは。わかる人ぞという感じで。ちょっと今日お話ししようと思ったのは、

「引く」はベクトルの性質を内包している。「押す」にもある。対して、「加える」にはほぼない。「足す」にもない。「押し算引き算」のほうが、人文的にも幾何的にも納まりがはるかにいい。いまいちど引きます。

引く《相手をつかんで、抵抗があっても、自分の手許へ直線的に近づける意》

押す《面積あるいは量を持つものの、上面または側面に密着して力を加える意》

きれいに対応している。それがなぜ、「押し算引き算」ではなく、「足し算引き算」というのか。「足す」なんて語義からしてマイナスを前提している。

何かしらの歴史性があると思うのですが。

案外、こういうシンプルな問いの答えが、判明していないものです。

*

まあ「収穫は副産物に常にあり」(575 僕の作です)と申しまして、クハヘ(銜。ハミ)と加へが同根らしいということ。これはさすが大野先生の着眼卓見です。

*

そう、ありましたね。押すと引くの対称性に関して――「押してダメなら引いてみな」

以上です。お粗末さまでした(ね、基本語義に関して、私たちは何もわかっとらんのです)。