読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

illegal function call in 1980s

1980年代のスポーツノンフィクションについてやさぐれる文章を書きはじめました。最近の関心は猫のはなちゃんとくるみちゃんです。

作ってみた 包まない野菜餃子

作ってみた。

オリジナルは、これ。

材料

(A)

  • キャベツ:好きなだけ(目安、1/4個)
  • 白菜:同(白い部分を数枚)

(B)

  • 葱:同(白い部分を長めに)
  • 韮:同(1/4束ほど)
  • 豚ひき肉:200g
  • 塩胡椒:気持ち
  • 片栗粉:少々

(C)

  • チューブにんにく:少々
  • チューブ生姜:少々

(D)

  • 餃子の皮:14枚(7x2)
  • サラダ油:少々

(E)

  • バジル:お好みで
  • あおさ:同
  • みつば:同
  • ケチャップ:同

作り方

  1. (A)をざく切りにする。塩をしてよく揉み、絞る。
  2. (A)と(B)をミキサーにかけて「ひどく」「うんざりするほど」(村上春樹)練りこむ。肉の色をおよそ消し去り、なんでこんなに緑なんだというくらいで今回は正しかった。(小林緑をかけている。伝わらない方はこの機会に「ノルウェイの森」を。まあ読まないでいいと思う)
  3. 2.に(C)をていねいに混ぜ込む。ミキサーしない。スプーンと手で。もにゅもにゅ。
  4. 大き目のフライパンにサラダ油を敷き、餃子の皮を並べ、3.を中央部分に盛る。いや、盛るというより、均す。方墳円墳。
  5. 蓋をして弱火で表10分。いい香りがしてくる。
  6. 返してサラダ油を回しかける。油を回す。蓋をして弱火で裏8分。
  7. お皿に盛る。
  8. (E)を振るい、かける。包丁で切れ目を。ピザかっ。(ダチョウ的に)

うまい。

f:id:cj3029412:20170205070140j:plain

とりわけ、皮がぱりぱりして、うまい。香ばしい。ポイントは、韮か。

この先のアレンジは、id:trick-spec さんと、id:homare-temujin さんにお任せしたい。よろしゅうごわすか。さすれば世界に平穏が訪れる。儂は修行僧ゆえ。

そして写真と丁寧な記事化は、id:kinako222 さんに。儂はサラダ油を手から払い、よく洗って、くーちゃんをなでなでする仕事が待っておる。

そんなわけで、みまさま、よろしゅう。(とかいいつつ、これかなり満足したw うまい。みなさまが作れば、きっともっとおいしいと思います。)