読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

illegal function call in 1980s

1980年代のスポーツノンフィクションについてやさぐれる文章を書きはじめました。最近の関心は猫のはなちゃんとくるみちゃんです。

キーマカレーその可能性の中心

キーマカレーつくりました。

maname.hatenablog.com

冷蔵庫の中のものなどと相談して、少し、レシピをアレンジしています。

変えたのは、まず、

  • トマト
  • キャベツ

が加わっています。

次に、

  • ゆで卵
  • なんちゃってコンフィのビーフ
  • 梅干し
  • きゅうりとマヨネーズ

を、添えています。

また、昨日サンドイッチ用に作っておいた、

  • デミグラスソース

cookpad.com

を投入しています。

および、コンソメの代わりに、

  • 鶏がらスープの素
ユウキ ガラスープ 500g

ユウキ ガラスープ 500g

 

を、使っています。

さらに手抜きだか効率化だかわかりませんが、

  • フードプロセッサー

で、みじん切り。

できました。

f:id:cj3029412:20161010193002j:plain

なんか手前の緑とマヨネーズが主張していますが、結果的に、味のバランスはこれらの添え物込みでばっちりでした。それから、まなめ (id:maname) さんのもともとのレシピ、とりわけパイナップルジュースと、ヨーグルトがよく効いています。口に入れたときのまろやかさと、味の深みがこれまでに食べたキーマカレーとはぜんぜん違います。

*

おいしかった。

ふつうのカレーは僕のような料理の駆け出しでも、まあ普通に作れてしまうので、あまり積極的に、とは思いません。

だが、キーマカレーは違う。そのいくぶん乾いた製法と外観。水気を飛ばしたが故に若干の保存期間の延長がある。ご飯とのほどよい距離感。

ゆっくり炒めるときの心のゆとりが、また、よい。

大人のカレーである(笑)。

マルクスその可能性の中心 (講談社学術文庫)

マルクスその可能性の中心 (講談社学術文庫)