読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

illegal function call in 1980s

1980年代のスポーツノンフィクションについてやさぐれる文章を書きはじめました。最近の関心は猫のはなちゃんとくるみちゃんです。

マクラの噺

マクラの話で、ひとつ思い出した。これ。美濃部孝蔵。


古今亭志ん生(五代目) 疝気の虫*

僕もずいぶんと話は聞いたけど、マクラという点ではいろいろと完璧ではないかと思う。

だまされたと思って、聞いてみてください。おしまいまで聞いて、呆気にとられ、生きていて、生き延びて、よかったと思う。戦中に吉田茂がお忍びで好んで聞いたのがこの話だったというのを、何かで読んだ記憶がある。

(追記)

www.youtube.com

明らかに、志ん生を意識していると思う。うまい。でも、これじゃないんだよね。なんというか、艶に理が勝ってしまう。談志が照れ交じりでずっと隠したがっていたのは、この辺じゃないのかな。

「疝気の虫」というのは、噺としても、ベンチマークとしても、ほんとにおもしろい。