読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

illegal function call in 1980s

1980年代のスポーツノンフィクションについてやさぐれる文章を書きはじめました。最近の関心は猫のはなちゃんとくるみちゃんです。

ちゃーちゃん保護作戦

4/24(日)

ちゃーちゃんとベランダで何度目かのコンタクト。こちらをじっとみている。ゆっくり手を伸ばすといくぶん身を引くけれど逃げる素振りはない。何かを訴えているような感じ。(このときなにかテレパシーを受けた!)

f:id:cj3029412:20160430052829j:plain

気になったのは、おでぶさんというのとはちょっと違う身体の大きさと、さくら耳でないこと。三毛だから女の子であることは間違いない。

それにしてもかわいい。

お水とごはんをあげる。ベランダに簡易ケージ(キャリー)を置く。雨露と日差しをしのいでね。

4/25(月)

早朝、ちゃーちゃんとあいさつ。お水とごはんをあげる。名古屋出張。出張中も気が気でない。

f:id:cj3029412:20160430053118j:plain

18:45

帰宅。ちゃーちゃんがいる。お水とごはんを替える。小走りする姿を横からみるとやはりお腹が重そう。

20:30

キャリーの中でちゃーちゃんがお水を飲む姿を硝子戸越しに見守る。よし、シェルターさんに相談して保護しよう。

4/26(火)

6:45

この日はやや遅めの出勤。いつもより1時間遅い朝の動き。

お水とごはんをあげる。

f:id:cj3029412:20160430053435j:plain

お腹の具合を確かめたいと思い、上からの撮影。うん。たぶんそうだ。

何かの縁だ。ちゃーちゃん、がんばるんだよ。

シェルターさんにちゃーちゃん保護の相談。

4/27(水)

5:40

お水とごはんをあげる。徳島出張。

f:id:cj3029412:20160430053848j:plain

12:00

特急剣山(つるぎさん)に乗る。かっこいい。出張が決まってから乗ってみたかったんだ。徳島から蔵本までの短い距離をあえて選ぶ。

f:id:cj3029412:20160430054015j:plain

車内でちゃーちゃんのことを思う。どうか雨に濡れていませんように。

f:id:cj3029412:20160430054049j:plain

帰途、雨の蔵本駅。

21:30

帰宅。キャリー内の段ボールと新聞紙を乾いたものに換える。ごはんとお水も交換。ちゃーちゃん保護についてシェルターさんとオンラインで打ち合わせ。

4/28(木)

朝晩のお水とごはんの交換。ちゃーちゃんは通ってきてくれている。

ちゃーちゃん、いまは雨に当たらないことだけを考えていてね。

(室内のはなちゃんくーちゃん用のトイレが映り込んでいます)

f:id:cj3029412:20160430054640j:plain

 

4/29(金)

0:10

シェルターさんとやりとり。早ければ29日日中にも保護に来てくださるとのこと。その場合、保護当日はお水だけにしてくださいとのこと。了解。

5:30

ちゃーちゃんを確認。お水をあげる。

f:id:cj3029412:20160430054915j:plain

9:00

きょう来てくれることに。

10:45

シェルターさん来訪。使用上の注意ともろもろの説明、および保護後の基本方針を打ち合わせる。僕の希望は決まっていて、

  • シェルターまたは信頼できる動物病院での出産(身ごもっていた場合)
  • 母親も子猫もシェルターで保護して里親募集(リリースはしない)
  • 母親は子育てが一段落した後で避妊手術/さくら耳ねこちゃんに
  • 子猫は、できればシェルターで避妊手術をお願いしたい。里親さんにあの葛藤を味わってほしくない(cf. くーちゃん事例)

シェルターさん了解。くーちゃん事例のくだりでシェルターさん大笑い。里親さんがきちんとした方なら避妊手術もお任せして大丈夫ですよとのこと。

また、子猫の出産に関するいくつかのリスクの説明を受ける。自分の保険加入はここまで耳を傾けない。ねこちゃんのことになるとねこちゃんの生命(しかも今回は母子の可能性あり)がかかっているから本気である。

11:30

捕獲器セット。シェルターさん帰途へ。船橋駅までの道すがら、近所のお宅で窓越しに外を眺めるアビシニアンに会う。

12:30

シャポーで買い物をして帰宅。ベランダを見るが姿はない。捕獲器の口は開いている。

13:10

ベランダで「かたっ」。捕獲器内のちゃーちゃんの姿と口のロックを確認し、ごめんねと謝りながら室内に引き上げる。はなちゃん、くーちゃんは朝からロフトに。ちゃーちゃんのことはどうやら気づかれずに済んだみたい。そのまま捕獲器ごと玄関に。ブランケットで全体を覆い(不安を軽減させる効果がある)、搬送用の大きめの袋に入れ、ビニールひもでしっかり縛る。

13:15

シェルターさんに「保護しました。よろしければいまからシェルターに向かいます」。赤ちゃんがいる可能性のある猫ちゃんは少しでも早く寛げる空間に連れていってあげる必要がある。打ち合わせでもっとも入念に話し合ったポイントの1つ。

シェルターさん「了解です。南砂か大島かどちらか来やすいほうで」。僕「了解です。では、ちゃーちゃんの乗り換え負担がより少ない南砂で」

13:20

船橋駅。なんかよくわからないけど車内で感無量。

13:40

南砂駅。お引渡しをして、お礼を伝える。ちゃーちゃんはそのままシェルターへ。「早ければきょうにも動物病院に連れていきます」とのこと。

22:00

シェルターさんから「臨月でした」との報せ。感極まる。はなちゃんとくーちゃんに「ありがとうね」と伝える。

0:10

社畜のみなさんに経緯報告。

b.hatena.ne.jp

みんな、ありがとう!

激務の中でもねこちゃんの幸せのお手伝いは(きっと)できるよ!