読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

illegal function call in 1980s

1980年代のスポーツノンフィクションについてやさぐれる文章を書きはじめました。最近の関心は猫のはなちゃんとくるみちゃんです。

14年前の今日

医者ってさ・・・1 名前: 卵の名無しさん 投稿日: 02/02/20 15:41 id:esQjFoFu
マヌケ多くない?

俺が入院してる病棟にマヌケが多いだけなのかなあ・・・。
なんか「えっ?」と思うような常識が抜けているというか。
もちろんしっかりした医者もいますが。

とりあえず研修医みてる限りでは命あずけるの不安です。

医者ってさ・・・

 

特別な日なんだ、今日は。突然、すまない。

 *

よよん君も、ねこちゃんと暮らしていた。名前は「みゃあみゃあ」といったかな。よよん君が、学校の帰りに拾ってきたねこちゃんの、確か二代目だとお母様から聞いた。

俺が去年、2月21日にはなちゃんをお迎えすることを選んだのは、20日がよよん君の日、21日がはなちゃんの日、22日がねこの日になるから、という理由もあった。

*

よよん君はいま、京都西陣にある猫寺で眠っている。

当時の主治医の先生は、いまも臨床の前線に立っていらっしゃる。

このスレッドで、「医者ってさ」というフレーズを天啓のように受け止めた「血液グループ」先生とは、しばらくの間、やり取りをしていたが、僕のほうの無精もあって、姿が見えなくなってしまった。

きっとどこかで、よよん君のことを思いながら、睡眠薬をかじり、それでも起き上がって、現場に立っていることと思う。

 *

一時期、熱に浮かされたように、取材をしていた。力が足りなくて、結局、まとめ切ることが出来なかった。

けれど、だからせめてと、俺は忘れないことを選んだ。毎年秋、よよん君の命日に、花を手向けに行くことにしている。もし、自分もと思う方がいれば、当方まで、連絡してほしい。

*

インターネットの世界を、思い出が、ゆるく生き続けること。それが、いまを生きる俺たちの、戦いを避けるしなやかな力になること。よよん君と、「血液グループ」先生の願ったことのひとつが、それだった。

*

そんなわけで、これから、猫の保護に向かう。