読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

illegal function call in 1980s

1980年代のスポーツノンフィクションについてやさぐれる文章を書きはじめました。最近の関心は猫のはなちゃんとくるみちゃんです。

ある企ての失敗について

血液グループ先生が、よよん君と出会ってしまった話は何度か書いた。おれの記事は貼らない。

もうだいぶ胸の内を話したように思う。が、まだ話していないはずのことがある。「ナディア記念病院」のことである。

ナディア記念病院 血液疾患のたまりば

1 :血液グループ ◆m2nIThBwKQ :02/10/05 23:17 ID:8RCadVqP
ようこそナディア記念病院へ。
この病院は1◆DFVNdeakという急性リンパ性白血病と果敢に闘い抜き、無念にも亡くなった一人の2ちゃんねらの遺志を継いで建設された、血液疾患専門病院です。
血液疾患について質問や愚痴のある患者さん・ご家族方、有志の血液内科医連がお相手させていただきます。
ただし、医療の基本はあくまでも診察、それを行えない環境での意見ですので我々の意見を参考とされるのは個々の自己責任に於いておながいします。
我々は一応、現場でも働いていますので、質問の回答が遅いとキレるのはご勘弁下さい、ちーとお待たせすることもございます。
また、外来が少ない場合は石連がだべっていたりするかもしれませんが、それはご愛敬。
1◆DFVNdeakの思い出をつぶやきたい方もどうぞ。
他科からのコンサルトもお引き受けいたします。

1◆DFVNdeakの事を知りたい方は
医者ってさ・・・
http://ton.2ch.net/hosp/kako/1014/10141/1014187303.html

無菌の国のナディア
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1016126461/l50

をご覧下さい

おれはつくづく、WELQのバカどもがやりやがったときに、この、血液グループ先生の志のことを思った。ちなみにいま、ねこちゃん関連の素人意見がウェブを汚していて腹立たしい。

話を戻して、この「ナディア記念病院」こそ、日本で初めての本格的な、匿名の、特定疾患のプロが患者が交流できる(可能性を秘めた)キュレーションサイト、「いままさに」のことばでいえば、医療ますとどん、だったのではないかと、改めて思う。

しかし、一瞬立ち止まって考えてみればわかるように、これは、いかにも、うまくいきそうにない。実際、うまくいかなかった。荒れて、拡散して、「第6病棟」くらいで萎(しぼ)んでいった。

*

おれはこのことを当の血液グループ先生に尋ねたことがある(昭和記念公園近くの喫茶店でインタビューに応じてもらったのだ)。若書きで恥ずかしいのだが、取材音源とメモから引用する。

*

―大変失礼ながら、うまくいくと、思っていましたか。

あそこは、2ちゃんねるだから…(しばし無言)

―切り込みます。ほかにも、血液グループ先生は、いくつかのミスをおかしていらっしゃる。第一に、よよん君と友人が立てた掲示板(※わし注teacup)で、友人たちから「荒らし」というレッテルを貼られた。第二に、告別式に「2ちゃんねる有志」の寄せ書きを持っていって、白い目で見られた。そして第三がこの「記念病院」です。

ええ。私は、よよん君に、何ひとつできていない。

―ほかにもあります。ボコノン教のボコマルの儀式のためによよん君に会いに行ったはいいが、あなたは知らない病院の1Fで、外来に見えた見ず知らずの患者さんの道案内のために15分近くを費やした。結果、直前まで待っていてくれた、よよん君は薬が効いて眠ってしまい、お話ができなかった。

はい。白衣を着ていれば違和感なく病院に溶け込めると思ったのがミスでした。

―あの、責めているわけではないんです。職業病のようなものだと思ってください。すみません。

わかっています。わざわざ、来てくれたりしませんよね。

―さらに問題だと思うのは、2ちゃんねるのスレッドで他の方もおっしゃっている、血液グループ先生は、自分の体調がまだぜんぜん戻ってきていない。ろくに寝ていらっしゃらない。おそらく、よよん君がいつ2ちゃんねるにやって来てもいいように、「番」をしている。

番とまでは…ただ、眠れないし、気になるし…(しばし無言)

―それら、個々の出来事を見ると、血液グループ先生がさきほどおっしゃったように、「何ひとつできていない」「医師失格」というまとめ、総括になる。なる…のかな。いや、僕は断じてそんなことはないと思う。

はい。いえ…はい。

―僕も一昨年、母を亡くした。結局、負け戦だとして、いや、そういう考え方はよくないって滋賀医大でxx先生に諭されたんだけど…でも、「何もしていない」「してくれない」お医者さんに、会いたい、なんて普通はいわない。よよん君はあれでなかなか好き嫌いがはっきりしている、それでいて気持ちをはっきりさせることは珍しい、という証言をお母様から得てきました。「会いたい」「会ってみたい」なんて、口にする子じゃない、それまで聞いたことがなかったそうです。

―いいか、お白州である(笑※わし注かなり無理した、ひきつった笑いをしたことを記憶しておる)。その方(ほう)、なぜよよん君がこんなにも血液グループなる人物のことを必要としていた、好きだった、特別だと思っていたことを頑なに認めようとしない。

(笑)

―よよん君は、血液グループ先生に、自分を、ご自身を、もっと大切にしてほしかったんだと思うんです。

…あの…

―はい。

それは、私も思っていました。自分のことではなくて。よよん君は、2ちゃんねるなんかに来てはいけない。本当だったら、私なんかと関わってはいけないんです。早く寛解して、こんなところのことは忘れて…

―…

でも、たまには思い出してほしいかな。

―「ここは、私の場所だった。自分のための場所だった」と記していらっしゃる。

はい。

ブラック・ジャック手塚治虫が、シラノ・ド・ベルジュラックを引いた話がありましたね。

「気の弱いシラノ」。

―さすがだ(笑)。「お前さんは馬鹿だ」という。

f:id:cj3029412:20170429043740p:plain

www.akitashoten.co.jp

「3年間も付き合っていて、気持ちもいえない、バカの腰抜けだ」。

―恋ではないにせよ、白衣を着れば、いろんなことを覆い隠せると、ひょっとして思っていた…?

プロは、そうでなくてはいけないんですよ(笑)。私は、まだまだ。よちよち歩きの、ひよっこです。

*

ちょっと、いろんな漫画を久しぶりに読み返していて、触発されるところがあって記してみた。

シラノ・ド・ベルジュラック (光文社古典新訳文庫)

シラノ・ド・ベルジュラック (光文社古典新訳文庫)

 

 

 

教えてください(近況報告と徳島について)

徳島について教えてください。

突然ですが、この(2017)夏秋以降、諸事情により、徳島駅にほど近いところでサテライトオフィス的な働き方をする可能性が出てきました。当面は、船橋(千葉県船橋市海神)住まい、都心勤務です。ただ、私にとっては、会社様にへいへいと頭(かうべ。語源は上/髪+「へ」=さき/はし/のほう/あたり)を垂れつつ、もしハマればいずれ戦略を練って転居も考えたくなるような展開のみえる話です。

いろいろと考えた挙句、はてなのみなさん、その集合知を自分はもっと信頼すべきだと反省しつつ、この記事を書いています。

とはいえ、4月末の現時点では転居云々は話が早すぎです。まずは、知らないことを知って慣れ親しむところから。

しかし、とかいいながら、うかうかしていると、あっというまにお盆を迎えるのも目に見えています。そこでこのエントリーを記すに至った次第です。

教えていただきたいことを列挙します。

  1. 徳島阿波おどり空港を使った短期出張でおすすめの宿はどこでしょうか。徳島、蔵本、二軒町…。短期=1~2泊。上記のサテライトオフィス関係の方に訊くことももちろん可能ですが、せっかくなのではてなのみなさんの知恵をお借りしたいです。船橋のねこちゃんは、ペットシッターさんや友人のお世話になる予定なので現時点では心配いりません。

  2. もし、徳島に居を構えて週3日程度暮らして、そこから徳島駅周辺に通うとしたら、ロケーションはどこがおすすめですか。移動手段は徒歩か自転車を考えています。船橋を引き払わず、徳島にも居を構えることを考えた場合、家賃は安いほうがいいです。自転車は、片道7~8km程度なら健康増進の意味もあり、まったく抵抗ありません。一方、吉野川沿いがいいとか、ここは坂が多いとか、いろいろあると思います。自家用車/自動二輪は考えていません。

  3. 大手の不動産検索サイトの情報は信頼してよいものですか。また逆に、地元の不動産屋さんでここは信頼できる、よっしゃ紹介しちゃるというところはどこかありませんか。ねこちゃんのことを考えなければ私は身一つです。人物重視で、もろもろの事情をわかって、親身になってくれる斡旋、大家さんなど昨今いないことは十分に承知していますが、とはいいながら、せっかくのはてなで尋ねずにウェブを介するのは人情のない話かと思います。

  4. せっかくの機会なので、徳島のはてなユーザー/ブロガーさんと知り合いになりたい。ここ数年、私はなぜか徳島県と縁があって、千葉県船橋市民にしては訪問歴も風土への理解、愛着もあるほうだと思います。お礼(いま流行りのことばではリターンというのかな)は英語、日本語(現代語および中世古文)、人文全般、落語、ジャズ、みんなだいすきだいきらい東京大学の話、昇進昇格試験対策、特定市場の話、院試やTOEICTOEFLのノウハウ、ご飯をごちそうする、学生さんならレポート執筆のお手伝い、くらいしかできませんが、もし関心をもってくれたら。(※わしゃそんなハウツー記事は日常書かんが持ち腐れているのもあれなわけで。こうゆう機会に御開帳をば。)

dk4130523.hatenablog.com

コンタクト、お待ちしています。コメントか、Twitterか、最近何かといりびたっている「ねことどん」でお声かけいただければと思います。

twitter.com

www.nekotodon.com

適度にお察しください。よろしくお願いいたします。

マストドン/電気うなぎの/夢を見る/オランダ妻の/光栄テクモ(57577)

わけのわからないタイトルから入ったが、まあそんなもんである。

私は大変にうれしい。

*

Historical Ifというのがある。わかりやすくいえば、西南戦争(1877)のときに西郷どんがみた明治維新(1868)の可能性の夢のあとさきのことである。もう少し身近にひきつけていえば、安保闘争(1960)のときに竹内好が思い起こした日本国憲法(1946-47)の理念を含む近代の総括と東京都立大に提出した辞表のことである。申し遅れたが、私はこのように気分が高揚しているときでも決してわかりやすくいうことができない。

やれたかもしれない。やれたとはいえない。やれた。ヤルタ会談

わかりやすくいおうとするとこうなってしまう。

*

マストドンのことだ。

www.nekotodon.com

インスタンスを立て、管理者になって何日だ。5日くらいか。きょうはニフティサーブまで戻ることができた。fjまではさすがに無理だろう。

1994年当時、私は本郷の学生だった。情報演習室だったか。法文なんたら館(やかたではない)にはLC475だったかCompaqだったかが鎮座していて、むやみに遅いNetscapeから灰色のYahoo!に飛んだ。

家に帰っては23時ちょうどをまってモバイルギアからNifty Serveに接続した。物足りず、ほどなくADSLに回線をすげかえて、Librettoの本体画面と外付けディスプレイと拡張ドッグ(?)から夜な夜なわいせつな画像を誤ってクリックした。

*

サーバー/インスタンスの管理に関してはとりたてて私が何かいうことはない。Qiitaには必要な情報が揃っている。Dockerは使うまでもないと判断した。gitも負荷も問題ない。

Mastodon instances

登録はしたものの、もっぱらスコアを外部の目で見たいがためであり、94年当時まだ駒場寮でたしかフランス語の辞書と向き合っていた堀江某のごとき野心は老体にはもはや残っておらぬ。

*

ただ、楽しいのだ。

表、すなわちtwやらfbやらのコミュニケーションが、いかに、I/O(工学社)など雑誌を媒介にした個人売買、ポケベル、ニフティサーブじゃマール、といったセピア色の夢を根こそぎにして人々を撫で鞣してしまったか(OpenPNEまでとはいわぬ)、私はたちどころに多くのことを合点した。

翻っていま、光の当たる世界は眩しすぎる。コミュニケーションは、黒を基調とした背景でなくてはならぬ。23時から26時のあいだにひそひそとやるものだからだ。

f:id:cj3029412:20170426210224p:plain

見よ。刮目するのだ。メルカリ(伏字)の悪口をいうには、この色でなくちゃいけない。

*

おそらく今後、メジャーアカウントの勧誘と争奪が起こるだろう。心なき者、たとえば勝間和代(伏字)は早くも自ら目ざとい。

Mastodonユーザなら必ずフォローしたい!アカウント一覧 - 運営・有名人・メディアほか | いつもの匠

はあちゅう(伏字)、イケダハヤト(伏字)、あともうめんどくさい(私のよくない性分で、現代のことはついついそうなってしまう)のでやめるが、Ameba(伏字)あたりはブログで得たノウハウをテポドンしてくるにちがいない。ちなみに個人的には、叶姉妹の「姉妹丼」あたりは食い付きがよかろうと、ワナタベノボルの「やれやれ」ばりに肩を落としている。

*

とはいえ私には希望がある。苦学する若い増田たちが、ふらふらっと「あの、腹が減ったんですけど」と暖簾をくぐることのできるひっそりとしたインスタンスでありたいのだ。ご存知あるまいが琉球丼は大分の郷土料理だ。

hatebu.me

私は野郎のような情勢判断にはいささかの興味もない。はじめから、わかりきっていたことだ。ぬるかる君が身請けされたときに大勢は決した(わるいとは「まったく」いっていない。おめでとう!)。

mstdn.jp

野郎(ぬるかる君ではない)にひとつ問い質したいことがあるとすれば、「ねことどん」は楽しかろうということである。それは、ひとえに id:usausamode さんや、id:LeChatduSamedi さんたちの人徳の賜物。

*

以上は伏線である。どうも何か足りねえんだ。

鍋のイラスト「鍋料理」 | かわいいフリー素材集 いらすとや

鍋は私が私財を投げうったろう? ホタテ、豆腐、ネギ、青物、あれ…あれ(ひい、ふう、みい)…嬶(かかあ)、何か肝心の具材が足りなくねえか? (志ん生の「疝気の虫」のサゲのごとく)

*

お待ちしております(特定食材の方でなくともw)。

www.nekotodon.com

(追記)むしろメジャーインスタンスで登録して、こっそりほろーしてください。

山藤章二と風刺画の時代

もっちさん (id:mocchi_blog) に、何かのときにふらっとお声かけをして、それきりになってしまっていた話題(ごめんなさい)を。

*

近代の風刺画といったら、筆頭はこれですな。

Une_partie_de_peche.jpg (699×477)

ジョルジュ・ビゴー - Wikipedia

あと、こちらのお大尽。

 すごいよ id:usausamode さん。

山本唯三郎 - Wikipedia

山本唯三郎はふつう、出てこない。わたくしも命日愛好家ですけれども、出ない。

(追記)描いたのは、和田邦坊さんです。僕も知らなかった。

和田邦坊 - Wikipedia

*

これだけの、土壌があるわけです。

*

2冊、紹介します。

まずは山藤章二の「顔辞典」。

顔マネ辞典

顔マネ辞典

 

まちがえた(清水ミチコのこれも、さすがという、とってもいい本です)。

山藤章二の顔事典 (朝日文庫)

山藤章二の顔事典 (朝日文庫)

 

こんなのよ。かりあげクンのおじいちゃんとおとうさん。

f:id:cj3029412:20170426064601j:plain

海外だけじゃない。20世紀、村山富市さんあたりまでの、為政者、話題の人物のポートレートが、ずっとこの調子。申し訳ない、小ボスクラスの人は1ページに複数人掲載だけど、「これ」という人物はこのようにページを割いて登場する。総勢1,300人。ぱらぱらめくってるだけで半日がつぶれるという。

*

もう1冊(1人)、所よしゆきさん。

f:id:cj3029412:20170426064318j:plain

私もずいぶん探したんだけど、所さんのイラスト集大成って、見当たらないんですよね。あ、でも、見れば「ふむー」ってわかると思う。お鼻と口元が特徴的。

f:id:cj3029412:20170426064701j:plain

前掲書:「EYE MASK No.50」より。(Amazonには見当たらなかった)

dog7luck9mekazu.blogspot.jp

こんなのもある。

私の記憶が確かならば(鹿賀丈史)、これ、挿絵は所よしゆきさんです。以来のファン。そして、この記事を書くにあたって、あらためてすごいなと唸ったのが、所よしゆきさんの同時代/反時代精神というか。

所ゆきよし - Wikipedia

こんなくだりがある。

ペンネームは、名前を考えていた際に自決のニュースを聞いた作家・三島由紀夫に因み、本名を逆さにし「ゆきよし」(由紀夫・死)とした。

ひょえー。

*

で、おすすめしたいのは、もっちさん、にーちさん (id:nych87) 初め、名だたる、画力筆力を備えた個性的な絵師さんがはてなにはいらっしゃる。政治は難しいんだけど(どうしても党派性が生まれちゃうから)、山藤章二のような、反体制浮世絵師、その意味で不偏不党の(まああのおっさんも微妙なんだけど)、同時代の人物画っていうのは、市場があるような気がしています(針すなおさん、和田誠さんの「次の次」くらいを狙う感じでね)。

引き合いにだしてわるいんだけど、たとえば、小田嶋隆さん、いいんだけど、肖像画はいまひとつやん?

business.nikkeibp.co.jp

認識/(文章の)筆致のマイルドさが、失礼ながらいまひとつイラストの突き抜けさ加減の足をひっぱているというか。

ただ、この、菅さんは悪くてよかった。

business.nikkeibp.co.jp

そこを、山藤章二はあっさり突き抜けるからね。

wakakomataiko.blog.fc2.com

談志なんて、こりゃ談志じゃねえと思うんだけど、やっぱり談志なんだ。そこらへんの手さばきが、ある意味、ものまねのコロッケに似てるっちゃあ似てる。

一方で、この、ときの有力者に肖像画で突き抜けるってのは、並大抵のことじゃない。

ただね、いいと思うんだよねえ。タレントさんもいいよ。でもさ、はてな発、もっちさん/にーちさん(たとえばですよ)がメジャー紙の政治面社会面でデビュー、いまだったら誰? 大阪の松井さんかな(たとえばですって)、こう、嫌ったらしさ満点にして描いてくれたら、おじさん、おひねりあげちゃうぜ。

*

もし、僕の書いたことに興味をもってくださったら、上に挙げたほかに、ダメ押しで次。絶対の自信をもっておすすめします。

贋食物誌 (新潮文庫 よ 4-7)

贋食物誌 (新潮文庫 よ 4-7)

 

ほな、さいなら。ごきげんよう

(追伸)霜田恵美子は、いまどこで何しとんねん(´;ω;`)

日本の神秘―顔の事典 (角本 (003))

日本の神秘―顔の事典 (角本 (003))

 

 

一生のお願い―霜田恵美子画本

一生のお願い―霜田恵美子画本

 

www.youtube.com

(追々伸)

www.sankei.com

わるそう…(わるい)。さすが産経写真部。

もぎりたて/初夏の庭木の/水/七十年(575)(字余り)

お隣さんの素敵なおばあさまから、無農薬、庭先70年の木からもぎたての「昔の酸っぱいのよ」夏みかん、いただきました(うれしいー)。ちなみに、左上の子に顕著な、こげ茶のぼつぼつのしみ、何だかわかりますか?

f:id:cj3029412:20170425201737j:plain

じつは前から狙ってたんだー。

だってここに僕が越してきて2年になるけど、ずっと農薬かけてないのうすうす見て勘づいていたから。

f:id:cj3029412:20170425060655j:plain

とても品のいいおばあちゃんで、たまにひとことふたことお話する機会はあったんだけど、きょう思い切って、「この柑橘はなんですか。いよかん? はっさく? でも愛媛でしょう? ここ千葉だし」って尋ねてみた。「この幹と枝ぶりだと、戦後すぐくらいの木ですか」「あらよくおわかりね」みたいな。

ジャム作って差し上げる約束をしました。「夏は水っぽくなるから、作るならいまよ。夏場はね、配達の人に氷水で割って飲ませてあげてるの」とのことです。掲題の拙句は「しちじゅうねん」と訓じていただければ。なんとなく。

*

冒頭のクイズ、おわかりの方、ぜひコメント欄へどうぞ(笑)。

レゴのレター in 1970s

いい詩、いいレターだなと、ちょっと感動したので。日本語訳も見当たらなかったので。

To Parents

The urge to create is equally strong in all children. Boys and girls.
It’s the imagination that counts. Not skill. You build whatever comes into your head, the way you want it. A bed or a truck. A dolls house or a spaceship.
A lot of boys like dolls houses. They’re more human than spaceships. A lot of girls prefer spaceships. They’re more exciting than dolls houses.
The most important thing is to put the right material in their hands and let them create whatever appeals to them.

ご両親へ

何かを作ってみたい。それは、すべてのお子さんが等しく持つ強い気持ち。男の子でも、女の子でも。
そのときに考えてあげたいのは、技術ではなく、想像力。頭に浮かんだものを、好きなように組み立てる。ベッド、トラック、人形の家、宇宙船。
人形の家が好きな男の子は、たくさんいます。宇宙船よりも人の親しみがあるから。宇宙船が好きな女の子だって。人形の家よりもわくわくするから。
しっかりした材料を子供たちの手にとらせて、あとは作るに任せる。どうか、大切に。

(ちょっとくさい訳なんだけど…)(おれ田村隆一に私淑する詩人だし…)(詩人だったのか…)

b.hatena.ne.jp

船橋海神造園部

今週のお題「部活動」

もの悲しい(もの=なんとなく)ので(いつもじゃねえか)船橋海神の街を散策することにした。うそ。天沼弁天池公園で「第83回緑と花のジャンボ市」が開催されるというので立ち寄ってみた。

funabashi-tsushin.com

船橋について

東京駅から総武線快速で30分。

ジョルダン 乗換案内

総額:388円(IC利用)
距離:23.2km

■東京 総武4番線発
| 総武線快速(君津行) 23.2km 4・5・8号車
| 13:54-14:22[28分]
| 388円
船橋 4番線着

テキスト|東京→船橋|乗換案内|ジョルダン

最近、駅前を中心に再開発が進み、いまの船橋をいたく気に入っている身としては、武蔵小杉化が進むのではないかと心配しています。

www.businessinsider.jp

まだ古い街が残ってる

ここは成田詣の精進落しの場所。要は嫁はんに「成田さんにお参りいってきまっせ」といって仲間内と連れ立って「ほな精進落しでも」「にこにこ」と立ち寄る悪所遊郭、赤線地帯、それが船橋海神、船橋新地。数年前まで駅南の一角にはソープランドが残っていたが(いまでも悪所を思わせる建築はちょいちょい残っている)取り壊されたり火事に遭ったりして、すこしずつデベロッパーの影がしのびよる。

tokyodeep.info

きょう話すのはそれとは反対側。船橋新地は船橋駅の南側すぐ。きょうの話は北側の海神町と本町。

「緑と花のジャンボ市」に行ってきた

船橋駅北口からそのまま直進するとすぐに公園の入り口が見えてくる。

f:id:cj3029412:20170422131021j:plain

よい。よさしかない。はりぼてである。いいのだ。

ジャンボ市に来たはずなのに入り口から市までの距離が長い。お花がきれいで見とれる。

f:id:cj3029412:20170422131213j:plain

会場をみつけた。手作り感があってすばらしい。

f:id:cj3029412:20170422131358j:plain

f:id:cj3029412:20170422131428j:plain

にこにこ。年寄りしかねえ(毒蝮三太夫)といおうと思ったがその年寄りも少ない。お花の市はこうでなくちゃいけない。

f:id:cj3029412:20170422131536j:plain

わびしい。にこにこ。しゃがんでプランターを眺めても商売気のある人が寄ってこない。ほのかに緑とお花のいい香りがする。

f:id:cj3029412:20170422131703j:plain

申し訳程度に船橋アンデルセン公園からの出張演目。

ふなばしアンデルセン公園:TOPページ

行かない。アンデルセン公園に行くくらいならしょぼしょぼとおれは天沼弁天池公園を歩く派閥だ。

f:id:cj3029412:20170422131747j:plain

うん。よき哉よき哉。

お土産

お土産に、船橋の黒土を無料で配っていた。

f:id:cj3029412:20170422131735j:plain

「明日の分もありますか」と尋ねたら係の人が「いま出ているのは今日の分だけです」「明日はまた別に出ますのでだいじょうぶです」「ありがとうございます(にこにこ)」。

船橋の黒土は聞いたことはないが配っているくらいなら質のいいものなのだろう。フェイントではなく明日おれは立ち寄るつもりでいる。

搬入の姿

f:id:cj3029412:20170422131944j:plain

すばらしい。ちなみにおれの住む海神は庭木にやたらと柑橘が多い。近くの婆さんに聞いたところどうも昔からこの一帯は多いとのこと。

海神の街並み

南側のいかがわしい界隈ではなく、北側、東葉高速線の東海神に通じる昔の道に、実は海神の古き良き街道筋を感じさせてくれる一角がある。ご覧あれ。

f:id:cj3029412:20170422132436j:plain

右手前のお稲荷さん(?)を接写。

f:id:cj3029412:20170422132504j:plain通りの反対側から。桜の季節には見事なアーチを描く。

f:id:cj3029412:20170422132540j:plain

なんとも雰囲気のある(まだ怖気づいて入れない)小料理やさん。

f:id:cj3029412:20170422132522j:plain

その他

以下は小ネタというか、同じ通りの地元では知られたB級スポットと、最近新しく建てられたモダンな教会。

f:id:cj3029412:20170422132259j:plain

ギョっとする。(だめだ…)

keiyonettaigyo.blog89.fc2.com

f:id:cj3029412:20170422132344j:plain

街に戻る前に悔い改めておきたい。

f:id:cj3029412:20170422132808j:plain

だめだ。よくみたらチャペルと書いてある。駅前から移転してこっち(海神側)に来た模様。

インマヌエル船橋キリスト教会

部活で造園部がないのは文科省の怠慢

だらだら散策したい。緑を眺めたい。じいさんばあさんが手をとって庭木を眺めているのを見ると心温かい気持ちになる。蹴球は野蛮だ。帰り道には「おじいさん、こんなところに熱帯魚のお店が」「こっちには飲み屋あるぞ」「せっかくだから夕飯をいただいていきましょうか」みたいな会話をするのがよい。そういえば、おれは20代からずっとこんな感性だった。

*

それはさておき、「第83回緑と花のジャンボ市」明日4/23までです。何もないです。でも、船橋って不思議な魅力があって、一度くると、吸引されます。新旧の街が徒歩5分10分でリバーシブルに味わえる。ほかにも紹介したいスポットがいくつかあるので、このシリーズ、気が向いたらまたやります。では。